交通局電停には電車基地がありました。

交通局電停にあった電車基地。

 

 

 

元「交通局電停」には、
鹿児島市の交通局がありました。

 

しかし平成27年に、
電車基地が移転したために、
電停名は「二中通り」に変わりました。

 

ここでは、
元「交通局電停」として、
以前の交通局を紹介しますね。

スポンサードリンク

 

車庫の電車が見えました。

 

以前の交通局電停からは、
平屋建ての建物と、
沢山の電車が並ぶ車庫が見えました。

 

この電車の車庫は、
路面電車の線路に平行して建ってました。

 

そのために走る市電の車窓から、
様々な電車を見ることができました。

 

 

外から車庫の電車が見えました。

 

 

事務所は戦前から建っています。

 

交通局内の、
敷地に入りますと、
真っ先に局舎の建物が見えます。

 

最初の印象は、
「とにかく古いなあ」でしょう。

 

いまどきこんな古い木造の、
建物があるのかと思うほどです。

 

 

建物は戦時中は兵舎だったそうです。

 

 

平成27年に電車施設が移転。

 

最初に、
路面電車を運営していたのが
鹿児島電気軌道でした。

 

それをを鹿児島市が買収して、
鹿児島市電気局としたのが、
鹿児島市交通局の始まりです。

 

 

電車基地として長く使われました。

 

その後、バスの運行も始めた年に、
鹿児島市交通局に名前を変えたのです。
それが1952年です。

 

 

電車ファンにはたまりませんね。

 

 

そして、この度、
局舎と電車施設の、
移転が決まりました。
神田(交通局前)電停。

 

新しい施設には、
見学コースがあるなど、
市民に親しまれる電車基地です。

 

市民にも市電ファンにも、
楽しめる施設になっていますよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

古さ故に惜しまれる声も。

 

そんなわけで、
古い交通局は、
そ古さゆえに、
惜しまれる声もありました。

 

残り少ない期間に、
訪れる人も多かったようです。

 

また、写真展も開かれ、
交通局の全景を、
再現したジオラマが置かれました。

 

このジオラマは、
市電ファンの1市民が作られました。

 

 

市民が作った旧交通局のジオラマ。

 

 

長い間、ご苦労様。

 

今までの交通局は、
路面電車の基地として、
電車を見守ってきました。

 

 

今は「交通局前」の電停名はありません。

 

 

二中通りにあった、
鹿児島市交通局は、
その長い歴史に幕をおろしました

 

長い間、
ご苦労様でした。

 

スポンサードリンク

 

第一系統の鴨池電停までの
周辺情報の記事はこちらから。

第一系統の鴨池電停までの周辺情報。

鹿児島の御朱印ボーイ
鹿児島や他県の神社仏閣の、
御朱印を紹介しています。

鹿児島の御朱印ボーイ 南九州の寺社巡り

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方  観光ガイド情報

スポンサードリンク