鴨池電停は昔の鴨池動物園の入口でした。

鴨池電停は昔の鴨池動物園の入口。

 

 

 

鴨池の土地のことを話すと、
鹿児島市民の中には、
昔ここに鴨池動物園があったことを、
思い出す人がいるかもしれません。

 

鴨池電停は、
当時からするとガラリと、
様子が変わった電停でしょう。

 

なにせ昔は、
高架式の電停で、
大いににぎわっていたのですから。

スポンサードリンク

 

鴨池は屋敷にいた鴨に由来します。

 

鴨池という地名は、
薩摩藩の時代に、
このあたり一帯に黒木島津氏の別邸があり、
そこにが沢山いたことによります。

 

その後、大正5年に、
鴨池動物園がオープンしました。

 

動物園には大きな池があり、
そこには地名のごとく鴨がいました。

 

 

鴨池の名前の由来です。

 

 

鴨池動物園は、
昭和47年に平川に移転して、
その跡地にはダイエーができました。

 

鴨池電停の周辺には、
当時の鴨池動物園の面影が残り、
今でも買物客で賑わう場所なのです。

 

 

高架式から平地になった鴨池電停。

 

 

日本で4番目に古い動物園。

 

鴨池動物園は、元々
鹿児島電気軌道が作った動物園でした。

 

大正元年に、
武之橋から谷山までの、
路面電車の路線が開通しました。

 

その路線の乗車客を、
増やすために作られたのが、
鴨池動物園だったのです。

 

当時にあった動物園では、
東京・京都・大阪につぐ、
4番目に古い動物園だったそうです。

 

 

鴨池動物園の跡が残っています。

 

 

その後、鹿児島電気軌道が、
鹿児島市交通局になっても、
鴨池動物園は引き継がれていました。

 

長い間、鹿児島市民の、
憩いの場所となっていました。

 

私の小学校の遠足は、
必ず動物園だったですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

昔は動物園に直結した大きな駅舎。

 

そのころの鴨池電停は、
だんだんと坂道を登っていき、
登りつめたところに電停があるのです。

 

当時は電停と言うより、
駅舎ががふさわしい建物でした。

 

その駅舎は、
動物園に隣接していて、
ホームから園の全景が一望できたのです。

 

現在の鴨池電停の前には、
所々に動物園のや、
動物園の入り口の名残が残っています。

 

 

鴨池動物園の壁と入口の跡が残っています。

 

 

そして、平地に戻った鴨池電停を、
鹿児島市交通局が新しく導入した、
新車両が走っているのです。

 

鴨池電停周辺の、
鹿児島まち案内でした。

 

スポンサードリンク

 

第一系統の鴨池電停までの
周辺情報の記事はこちらから。

第一系統の鴨池電停までの周辺情報。

鹿児島の御朱印ボーイ
鹿児島や他県の神社仏閣の、
御朱印を紹介しています。

鹿児島の御朱印ボーイ 南九州の寺社巡り

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方  観光ガイド情報

スポンサードリンク