騎射場電停の桜島側には水産学部。

騎射場電停の桜島側の付近。

 

 

 

騎射場電停より
山側に鹿児島大学の
郡元キャンパスがあります。

 

逆に電停より
桜島側(海側)には
鹿児島大学の水産学部があります。

 

他に鹿児島県立体育館もあります。
ここは、以前からすると、
街並みが変わりました。

スポンサードリンク

 

水産学部の前身は商船学校。

 

水産学部の前身は、
鹿児島商船学校」でした。
現在、その碑が建っています。

 

商船学校跡の碑が、
建っているあたりに、
松の木が残っています。

 

これも水産学部が、
海の横だったという名残です。

 

 

商船学校跡の碑です。

 

 

水産学部の周りの、
様子もだいぶ変わりました。

 

水産学部は、
もともと「与次郎が浜」という、
砂浜に隣接していました。

 

昔は、海水浴できる砂浜でした。

 

水産学部の前は、
錦江湾が広がり、学生たちは、
カッターボートで海に漕ぎ出していました。

 

私も子供ながらに、
その白い大きなボートの学生たちが
オールを漕ぐ掛け声を聞いていました。

 

また、当時の与次郎が浜は、
夏になると海水浴場になり、
多くの家族連れで賑わうものでした。

 

 

スポンサードリンク

 

 

与次郎が浜はがらりと変わりました。

 

その与次郎が浜は、
私が高校生の頃から、
埋め立てが始まりました。

 

今では、大きなホテルや、
陸上競技場などが立つ場所となりました。

 

残ったものは、
与次郎が浜という地名ぐらいです。
当時からするとがらりと変わりました

 

 

水産学部そばにあるシャレたレストラン。

 

 

商船学校の跡地は留学生会館。

 

商船学校の跡地は、
鹿児島大学に通う留学生の寮があり、
留学生会館となっています。

 

その留学生を良く見るのですが、
母国の服装の人が多いのです。

 

 

民族衣装を着た学生を見かけます。

 

 

エキゾチックな雰囲気が漂っています。

 

特に多くの女子学生は、
頭にスカーフを巻いています。
その服装は、民族衣装にしか見えません。

 

留学生たちは、
主に東南アジアや、
西南アジアから来ています。

 

ですから学生街と言っても、
エキゾチックな雰囲気が漂っています。

 

私がこどもの頃は、
あまり外国の方は、
見なかったような気がします。

 

最近は発展途上のアジアから、
多くの学生が留学しているようです。

 

新興国の勢いが、
留学生の数にも表れているようです。

 

騎射場電停の海側は時代の変化。

     

 

市電の騎射場電停の、
桜島側の地域は、
埋立後に様子が大きく変わりました

 

また増え続ける、
留学生の民族衣装も、
街の雰囲気を変えたような気がします。

 

 

騎射場の電停です。

 

 

この地区にくると、
そんな時代の変化を感じます。

 

あなたも騎射場電停で降りて、
桜島側の街並みを、
まち歩きしてみませんか。

 

スポンサードリンク

 

第一系統の鴨池電停までの
周辺情報の記事はこちらから。

第一系統の鴨池電停までの周辺情報。

鹿児島の御朱印ボーイ
鹿児島や他県の神社仏閣の、
御朱印を紹介しています。

鹿児島の御朱印ボーイ 南九州の寺社巡り

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方  観光ガイド情報

スポンサードリンク