上塩屋電停は塩造りと刀造りの里。

上塩屋電停の周辺案内。

 

 

 

上塩屋(かみしおや)停留所
鹿児島市の東谷山にある
鹿児島市電の電停です。

 

鹿児島市電の
谷山線にある電停で
専用軌道を路面電車が走ります。

 

国道225号線と
並行して走る市電です。

スポンサードリンク

 

次が終点の谷山駅。

 

この谷山線は、
武之橋電停から、
谷山駅までの路線になります。

 

 

上塩屋の電停です。

 

 

上塩屋電停の、
次の電停は、
終点の谷山駅になります。

 

ですから、
日本の路面電車の駅では、
2番目の南にある電停となります。

 

 

上塩屋の次が終点の谷山駅。

谷山駅は本土最南端の電停。

 

 

昔は、塩造りの村。

 

上塩屋電停の辺りは、
名前から分るように、
に関係がある土地でした。

 

江戸時代は、
谷山郷の塩屋村と呼ばれていました。

 

当時の住民は、
農業と塩造りの、
半農半塩でした。

 

上塩屋電停の近くには、
塩造りを伝える神社があります。

 

 

昔は、塩造りの村でした。

 

 

塩釜神社(塩釜大明神)

 

塩釜大明神と呼ばれる、
小さな神社が、
ひっそりと建っています。

 

塩釜(しおがま)神社は、
製塩や漁業の神様として、
地域の住民から信仰されてきました。

 

 

塩釜神社(大明神)です。

 

 

ちなみに、
新屋敷電停近くにも、
塩造りの神様がいますよ。
新屋敷停留所と塩竈神社の御朱印。

 

塩釜神社の小さな境内は、
地域の方が掃除をされて、
いつもきれいに保たれています。

 

あのラサール学園も近い。

 

塩釜神社があるのは、
あの有名な進学校の
ラサール学園のほんの近くです。

 

 

鹿児島の進学校・ラサール学園。

 

 

ラサール学園は、
中学・高校の男子校で、
全国から頭の良い生徒が集まります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

刀造りもありました。

 

市電の線路より、
海側に塩釜神社があり、
塩造りが行われていました。

 

市電の線路より、
山側にも江戸時代の、
ものつくりの碑が残っています。

 

そのつくっていたものは、
何かといいますと。
それは、なんと日本刀なのです。

 

波之平刀匠の遺跡。

 

この谷山は、
平安時代から明治の初期まで、
刀匠の里として栄えてきました。

 

谷山の山側は、
刀造りに適していたのです。

 

この地には、
刀造りに必要な砂鉄や、
火力となる木炭、
それに湧水がありました。

 

 

波之平刀匠の遺跡です。

 

 

波之平は、名刀。

 

波之平の名前は、
嵐の海に刀を投げ入れ、
祈ったところ静まった逸話から。

 

一条天皇の御刀を作ったことから
名刀として、
知られるようになりました。

 

伝説の名刀には、
笹貫(ささぬき)という名前も、
お隣の笹貫電停の由来か。
笹貫電停の近くのみまつパン。

 

波之平刀匠の遺跡には、
刀造りに使った湧水が、
今でも当時をしのばせてくれます。

 

 

今でもこの社から水が湧きます。

 

 

上塩屋電停の今。

 

上塩屋電停の付近は、
塩造りや刀造りなどの、
藩政の頃の遺跡が残っています。

 

現在の電停の周りには、
大型のショッピングモールや、
商業施設が増えています。

 

そんな昔と今が、
交差する上塩屋電停を
今日も鹿児島市電が走っています。

 

 

上塩屋電停を市電が走ります。

 

 

上塩屋(かみしおや)電停
鹿児島市東谷山1丁目
所属路線 鹿児島市電1系統
線路名称 谷山線

 

スポンサードリンク

 

鹿児島市電の第一系統の
終点の谷山電停までの、
各電停と周辺情報の記事はこちらから。

第一系統の終点谷山駅までの周辺情報。

鹿児島の御朱印ボーイ
鹿児島や他県の神社仏閣の、
御朱印を紹介しています。

鹿児島の御朱印ボーイ 南九州の寺社巡り

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方  観光ガイド情報

 

スポンサードリンク