都通電停から一番街アーケードへ。

都通電停と一番街アーケード。

 

 

 

今日は、
都通(みやこどおり)電停の、
周辺を紹介しますね。

 

都通電停で降りて、
そばにある一番街アーケード
歩いてきました。

 

一番街は、
昔から庶民が利用する
商店街です。

スポンサードリンク

 

都通電停は鹿児島中央駅の隣り。

 

都通電停は、
鹿児島市電の、
第二系統の唐湊線にある停留所です。

 

都通電停の、
一つ先の電停は、
鹿児島中央駅前電停になります。

 

鹿児島中央駅前電停は、
市内でもっとも乗降客が、
多い電停なのです。

 

 

都通電停に電車が入ってきました。

 

 

中央駅に影響されます。

 

そのために中央駅に、
向かう電車の中は、
いつもいっぱいなのです。

 

逆に中央駅前電停から、
都通電停に来る電車の中は、
いつもガラガラなのです。

 

電停名は、
都通(みやこどおり)ですが、
電停付近は、
あまり都(みやこ)ではありません。

 

鹿児島中央駅から、
広がっていく、にぎわいは、
都通り電停あたりでなくなります。

 

 

この先に鹿児島中央駅前電停。

 

 

一番街アーケードの出口側。

 

都通電停周辺の情報といえば、
やっぱり一番街アーケードですかね。

 

一番街アーケードは、
JR鹿児島中央駅が、
西駅(西鹿児島駅)の頃からの
古くからのアーケード街です。

 

 

一番街には衣料品の店が多い。

 

 

鹿児島中央駅から、
都通りまで伸びている商店街で、
衣料品の店が集まっています。

 

鹿児島中央駅側の付近には、
観光客を相手にした、
お土産屋さんもあるのですよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

最近は、若者の姿も。

 

もともと一番街アーケードには、
年配のお客様が、
目立っていました。

 

でも最近は、
若い方が歩いているのを、
見かけるようになりました。

 

その訳は、
若い方が開くお店が、
増えてきたからと思っています。

 

若者の店が次々とオープン。

 

それらは、
若者ファションの店、居酒屋、
雑貨屋、アンティークの店などです。

 

変わった所では、
音楽スタジオなんてのもありますよ。

 

 

シャレたアンティークの店もオープン。

 

 

居酒屋は、
予約が取れないほどの、
人気店もあるそうですよ。

 

これらの新しいお店が、
昔からあるお店と共存しているのが、
最近の一番街アーケードです。

 

広場にはストリートピアノ。

 

アーケード―内の広場には、
ストリートピアノなるものが、
置いてあります。

 

このピアノは誰でも、
自由に弾いていいのですよ。

 

 

ストリートピアノが置いてあります。

 

 

ストリートピアノは、
使われなくなったピアノに、
楽しいペイントを施してあります。

 

通りがかりの人が、
ピアノを弾くと、
そこに人が集まってきます。

 

人の輪が、
広がることを目的に、
アメリカで始まったものです。

 

 

通りがかりのおばちゃんはお上手。

 

 

ここでも、ピアノのそばには、
テーブルもあって、
演奏を楽しんでいました。

 

日によっては、
コンサートなども行われています。

 

ちなみに、
この一番街のストリートピアノは、
日本で初めて設置されたそうです。

 

庶民的な一番街アーケード。

 

あなたも都通電停で降りて、
一番街アーケード―を、
探索してみませんか。

 

都通りから、
鹿児島中央駅までを、
通り抜けましょう。

 

アーケード内では、
昔からの庶民的な古いものと、
意欲に満ちた新しいものがあり。

 

それらを見ると、
今の鹿児島を感じられる、
まち歩きができると思いますよ。

 

都通電停
鹿児島市中央町
所属路線 鹿児島市電2系統
路線名称 唐湊線

 

スポンサードリンク

 

鹿児島市電の第二系統
唐湊線の各電停
周辺情報の記事はこちらから。

鹿児島市電 第二系統の唐湊線の電停。

鹿児島の御朱印ボーイ
鹿児島や他県の神社仏閣の、
御朱印を紹介しています。

鹿児島の御朱印ボーイ 南九州の寺社巡り

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方  観光ガイド情報

スポンサードリンク