二中通り電停・甲南中の三方限。

二中通電停の甲南中学校。

 

 

 

二中通り電停は、
以前は交通局電停と呼びました。

 

ここに交通局があったからです。

 

でも平成27年に、
交通局は上荒田に移転しました。

 

その後に、
電停の名前が、
「二中通り」電停に変わりました。

スポンサードリンク

 

甲南中学校の三方限の碑。

 

「二中通」の電停を降りて、
二中通りを歩いていくと右手に、
甲南中学校が出てきます。

 

 

二中通の電停から歩いていきます。

 

 

甲南中学校の、
正門の横には、
古そうな碑が建てられています。

 

これが、
三方限(さんぽうぎり)の碑
説明文があります。

 

それには、『偉人たちの育った町』  
−甲突川をはさんで
競いあった英才教育−
と書いてあります。

 

碑文は、
文豪徳富蘇峰(とくとみそほう)
書いたものです。

 

 

甲南中学校正門横の三方限の碑。

 

 

三方限の郷中(ごじゅう)教育。

 

鹿児島の城下では、
城下士の居住区を、
いくつかの地域にわけていました。

 

それを方限(ほうぎり)といいました。

 

方限はともいい、
郷ごとにつくられた、
青少年の教育機関がありました。

 

その教育機関を、
郷の相中(あいじゅう)
略して郷中(ごじゅう)と呼びました。

 

したがって郷中方限といえば、
現在の学区にあたります。

 

 

ここは偉人達が育った町でした。

 

 

郷中教育でしつけました。

 

薩摩藩は、
郷中での子弟教育に、
独特のしくみを取り入れました。

 

そして子供たちを、
幼少の頃から厳しくしつけたのです。

 

「十八交りを結ぶ健児の舎」、
という頼山陽の詩は、
当時18あった郷中の姿を伝えています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

三方限からも偉人達が輩出。

 

その中で、
高麗上之園上荒田
三方限でした。

 

加治屋町方限と並んで、
幕末の偉人達を、
数多く育てたことで知られています。

 

加治屋町には、
西郷隆盛らの偉人が出ました。
加治屋町電停近くの偉人達。

 

甲南中学校は高麗の方限でした。

 

 

まあ、この一帯は、
郷中教育で多くの偉人たちが、
輩出した場所だったのですね。

 

 

二中通り電停を降りてまち歩き。

 

 

あなたも二中通電停を降りて、
昔の偉人たちの、
足跡を訪ねてみませんか。

 

スポンサードリンク

 

第一系統の鴨池電停までの
周辺情報の記事はこちらから。

第一系統の鴨池電停までの周辺情報。

鹿児島の御朱印ボーイ
鹿児島や他県の神社仏閣の、
御朱印を紹介しています。

鹿児島の御朱印ボーイ 南九州の寺社巡り

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方  観光ガイド情報

スポンサードリンク